百日咳

小児にかかりやすい病気「百日咳」

百日咳の原因は百日咳菌により引き起こされ、主な感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が原因で、潜伏期間は約1週間前後です。赤ちゃんにとって非常に危険な病気ですので、4種混合の予防接種はしっかり受けておきましょう。
症状は普通の風邪と変わりませんが発熱しないのが特徴です。百日咳にかかると次第に咳がひどくなり、顔を真っ赤にして咳込むくらい激しい咳をします。
生後6か月以下の乳児では咳込んで息ができなくなることがあります。その場合は入院が必要です。

治療

マクロライド系の抗菌薬と咳止めを処方します。早めに治療した方が早く治りますが、早期に百日咳と診断することは困難です。

家庭で気をつけること

  1. 食べ物 咳が激しく吐くこともあるため、1回の食事量を少なくし、できるだけ回数を多くして消化のよいものを食べさせてください。
  2. 入浴 咳が落ち着きだし、機嫌もよく、食欲が普通にあれば入ってもよいでしょう。

こんな時はもう一度受診しましょう

  1. 咳がひどく、呼吸が止まりそうなとき
  2. 咳が激しく繰り返し吐いてしまい、元気がないとき
  3. 発熱があるとき

登園・登校の許可

百日咳特有の咳が落ち着くまで登園・登校できません。または適正な抗菌薬を5~7日間飲み切るまでは休ませることになっています。

細菌性腸炎にならないために

百日咳に感染している子を赤ちゃんに近づけると感染する恐れがありますので、近づけないようにしてください。