小児の爪の形

爪(つめ)とは

爪は指先の形を整えたり、細菌やカビなどの感染を予防する働きがあります。手や足に爪があることで触角が鋭くなり、爪は感覚器の補助的な役割を果たしています。手の爪では、指先を保護する役割以外にも、物をつかむ時、指先に力をいれますが、特に小さな物では手の爪が支えとなり、力の入れ加減を調節すること働きを持っています。一方、足の爪は、安定して体を支え、歩く時にも爪先に力を入れる働きを担っています。爪は手と足の機能に欠かすことのできない大切な部分です。
健康な爪はピンク色でツヤがあり、ゆるやかなカーブでツルツルしていますが、体に病気があると、爪に変化があらわれることがあります。大人の爪はかたくて丈夫ですが、赤ちゃんの爪は、大人と違い小さくてやわらかいので、大人とは異なる爪のトラブルが起こることもあります。

小児にかかりやすい病気「小児の爪の形」

気を付けないといけない爪の症状

爪は健康のバロメーターとも言われ、内臓などに病気があると爪の形は色などに変化があらわれることがあります。爪の形や色のチェックをしてみましょう。

<爪の色>

<爪の形>

さじ状の爪:

スプーンネイルとも言い、爪が薄くなり、爪の両側や爪先がそり返ってスプーンのようになります。
貧血や甲状腺の病気が原因の可能性があります。

ばち状指:

指先が太鼓のばちのように丸く膨らみ、爪が指先を包むように大きくなります。
肺、心臓、肝臓の病気が原因であらわれることがあります。

赤ちゃんの爪トラブルで一番多いのは、さじ状の爪(スプーンネイル)と言われています。スプーンネイルになったからといって、痛みなどがあるわけではありませんが、爪の周りからばい菌が入り赤くなってしまうなどの症状が出ることがあります。その場合は、すぐにご相談ください。

治療

爪の治療は、その発症原因によって異なります。慢性的な外力が原因の場合は、指先に力がかかりすぎないように心がけ、爪の両端を短く切りすぎないようにすることで徐々に改善することがほとんどです。スプーンネイルの原因に多い、鉄欠乏性貧血が原因の場合には、鉄剤の内服を受ければ治癒します。

爪のケアのコツ

子どもの爪は、大人の爪と違いやわらかく、とてもデリケートです。以下のことに注意しながらケアしましょう。

爪は健康のバロメーター

爪は健康のバロメーターともご紹介しましたが、爪にはさまざまなトラブルがあります。スプーンネイルのように、痛みを伴わず、日常生活にも支障をきたさないことが多いですが、症状の背後には栄養不足や思わぬ病気が潜んでいることもあります。
爪の形やで凹凸を意識することで、お子さんの体調を知るきっかけにもなるので、お子さんの爪の形や色など、気になる症状がある場合は、ご相談ください。