熱中症

炎天下で体育の授業やスポーツをしていた小学生が次々と倒れたりなど、一昔前では「日射病」や「熱射病」と呼ばれていたものをまとめて「熱中症」と呼ばれるようになりました。

体の体温調節機能が正常に働くと、汗をかくことで体の中の熱を逃がし、体温の上昇を抑えるのですが、身体の中の水分や塩分のバランスが崩れると体温調節機能が正常に働かなくなります。そうすると上手く汗をかいて熱を逃がすことができず、体内に熱がこもり、体温が上昇し、熱中症になってしまいます。

熱中症は重症化すると死に至ることもあります。正しい知識・対策をすることで熱中症を予防したり、応急処置ができます。

小児にかかりやすい病気「熱中症」

症状と手当

めまいや立ちくらみ、顔がほてる、顔色がわるい、頭が痛い(頭痛)、おなかが痛い(腹痛)、吐く(嘔吐)、足などのこむらがえり(筋肉痛)、全身がだるい

涼しい場所(クーラーが効いている室内)へ移動して風を送って体から熱を逃がしましょう。汗をたくさんかいた場合は塩分も補えるスポーツドリンク、アイソトニック飲料、イオン飲料、経口補水液などが最適です。しばらくたっても回復しなければ必ず病院へ連れていきましょう。

ふらふらしている、ぼーっとしているなど意識がもうろうとしている

危険信号です。すぐに病院へ連れていきましょう。

倒れて意識がない、けいれんを起こしている

命の危険がせまっています。すぐに救急車を呼びましょう。

熱中症の主な症状と重症度

  • 1度応急処置と見守り

    改善しなければ
    医療機関へ

    熱中症の主な症状と重症度 1度目
    • めまい
    • 立ちくらみ
    • 生あくび
    • 大量発汗
    • 筋肉痛
  • 2度医療機関へ

    熱中症の主な症状と重症度 2度目
    • 頭痛
    • 嘔吐
    • 倦怠感
    • 虚脱感
  • 3度入院

    熱中症の主な症状と重症度 3度目
    • 意識障害
    • けいれん

※日本救急医学会の診療指針をもとに作製

予防がもっとも大切

  1. 帽子をかぶったり、通気性のよい生地などの服装をしましょう。
  2. 炎天下での激しい運動を避けましょう。
  3. 汗で失われた塩分と水分をこまめに補給しましょう。
  4. 寝不足など体調不良のときは運動を避けましょう。
  5. 車中や閉めきった暑い場所に赤ちゃんを置き去りにしないようにしましょう。
  6. ベビーカーは地面からの照り返しで意外と暑いです。
  7. 扇風機やエアコンなどを使い、室内を涼しくしましょう。
  8. 冷却シートやタオル、枕など冷却グッズを上手く使用しましょう。首元や太ももなど太い血管が通っているところを冷やすと効率よく体温を下げることができます。