乳児湿疹

赤ちゃんは生後2~3カ月ごろ(新生児)までは、ホルモンの影響で皮膚から皮脂がたくさんしみ出てきます。皮脂は保湿効果が高いのですが、放っておくと汚れやすく肌や毛穴にたまり、乳児湿疹(皮膚炎)の原因になります。余分な皮脂、汚れた皮脂を落とすには、お湯だけではなかなか困難なので、ベビー用石鹸やシャンプーを使って洗いましょう。赤ちゃんの皮膚は大人の1/3ほどの厚さしかありません。ゴシゴシこすっては皮膚が痛みますので、泡立てた石鹸で優しく手で洗いましょう。

それでも皮膚のガサガサや赤み・かゆみが治らないようであれば、治療が必要な乳児湿疹(皮膚炎)になっている可能性がありますので、受診をお勧めします。 乳児湿疹(皮膚炎)は専用の塗り薬を塗るときれいになります。
塗り薬の塗り方は丁寧に説明いたします。
ご希望の方は看護師によるスキンケア相談も受けることができます。

小児にかかりやすい病気「乳児湿疹」

頭のかさぶた

余分な皮脂が髪の毛にこびりついて、黄色いかさぶたのようになることがありますが、これは病気ではありません。かさぶたが少ない時は毎日お風呂でシャンプーすることで改善しますが、かさぶたが多いときはオリーブ油を塗って、ふやけさせてからお風呂で洗い流していただくときれいに落ちます。かさぶたが厚いときやその下が炎症を起こしてただれているときは塗り薬を処方しますので、指示通りに塗ってください。

赤ちゃんのニキビ

生後1から2ヶ月までの赤ちゃん(新生児)の顔に思春期のようなニキビのようなものができることがあります。このニキビは病気ではありません。泡立てた石鹸でよく洗い、清潔にしていれば、しばらくすると治っていきます。