小児肥満

近年、肥満症のお子さんが増加しています。子どもの肥満は成人と違って病気にならないと思われている方もいますが、そうではありません。肥満のお子さんの一部が脂質異常症・高血圧・糖尿病などの生活習慣病を知らないうちに発症していることもあります。

小児にかかりやすい病気「小児肥満」

治療

子どもといっても、長い間培われてきた食生活や生活習慣を見直して、ひとつひとつ変更していくのは大変なことです。ただ、大人の肥満と違い、治療をがんばるのは本人ではなく、周囲の大人だということです。周囲の大人がこれまで食生活や生活習慣を見直し、本人の環境を整えてあげることで自然と生活習慣が改善されていくことが理想です。

しかし、大人のような短期間のダイエットはできません。子どもは心身の成長を正常に保ちながら、肥満を解消していく必要があります。そのため、場合によっては治療にかかる期間が年単位になることもあります。毎回の診察の中で食事や生活の内容を相談しながら、お子さんやご家族にも実現可能な方法を探っていくことになります。

また、内分泌(ホルモン)の異常で体重が増えることもあります。特に成長ホルモンの欠乏や甲状腺ホルモンの欠乏がよく知られています。このような内分泌に異常が認められた場合は、血液検査やレントゲン検査を行います。その結果必要であれば、ホルモンのお薬を投与いたします。

肥満のリスクを高める生活習慣

以下の生活習慣は肥満のリスクを高めると言われていますので気を付けましょう。

  1. 運動をしない 最近、ほとんど歩かない、運動をしないというお子さんが増えています。運動の習慣がないと体に筋肉がつかず、より太りやすい体質になります。
  2. 早食い 満腹中枢が刺激されるまで時間がかかります。ゆっくり食べないと、満腹中枢が刺激されず、食べ過ぎてしまい、そのため肥満のリスクを高めます。
  3. 夜20時以降の食事 夜遅くになってからの食事は、脂肪として蓄積されやすくなります。

肥満でお悩みのお子さんがいるご家族へ

子どもの肥満の原因は、ほとんどが生活習慣によるものです。そのままにしておくと、高血圧や糖尿病などの生活習慣病で苦しむ可能性があります。肥満で大事なことは、体重を減らすことよりも、生活習慣を見直すという考え方が大事です。生活習慣を改善しても症状が改善されない場合は、内分泌(ホルモン)など他の原因が可能性の場合もあります。気になる方は当院までご相談ください。