小児の頭痛

頭痛は大人に限った病気ではなく、子どもに起きることもまれではなく、特にここ数年、生活習慣の変化により慢性的に頭痛を訴えるお子さんが増えています。
頭痛は体や脳に原因となる疾患がなく、慢性的に頭痛を繰り返す一次性頭痛と、風邪や副鼻腔炎、頭部外傷など原因疾患のある二次性頭痛に分けられます。子どもの場合、一次性頭痛に分類される片頭痛と緊張型頭痛がほとんどです。中には、片頭痛と緊張型頭痛の両方を合わせ持っているお子さんも多いと言われています。ストレスの多い現代では、緊張型頭痛が毎日続いて、頭痛に悩まされている中学生のお子さんも増えてきています。

小児にかかりやすい病気「小児の頭痛」

頭痛の中でも子どもに特に多い片頭痛と緊張型頭痛について紹介いたします。

片頭痛

子どもの片頭痛は、大人の片頭痛と比べ少し異なり、大人と比べると頭の両側や全体が痛くなることが多いのが特徴です。普段は特に症状はありませんが、頭痛がはじまるとズキズキと脈に合せて痛むのが特徴です。少し動くだけでも頭がガンガン痛み、走ったり、階段を登ったりするだけでも痛みがひどくなります。
片頭痛の原因は、不規則な生活やそれからくる睡眠不足、ストレス、気圧の変化など様々な原因が挙げられます。
片頭痛が始まったら、痛みのある部分を冷やして、暗くて静かな部屋で安静に寝かせてあげましょう。体を温めると血液の循環が良くなり、かえって頭痛がひどくなりますので入浴は避けるようにしましょう。

片頭痛の特徴

  • 頭の両側や全体が痛くなる
  • 吐き気や嘔吐を訴える
  • ズキズキと脈に合せて頭が痛む
  • 少し頭を動かしただけでも頭痛がひどくなる

緊張型頭痛

子どものライフスタイルの変化に伴い、最近増加しているのが緊張型頭痛です。テレビの見過ぎやゲーム・パソコン、スマホ等が原因と言われています。緊張型頭痛の特徴は、圧迫感や締め付け感がありますが、片頭痛のような脈に合せて頭が痛むといった症状はありません。また、片頭痛のような吐き気や嘔吐を伴うこともありません。まれに食欲不振を伴うことはあります。
緊張型頭痛の場合は、片頭痛と異なり、入浴などで肩や首など体を温めると、少し楽になります。

緊張型頭痛の特徴

  • 圧迫感や締め付け感がある
  • 吐き気や嘔吐を伴わない
  • 脈に合せて頭が痛まない
  • 食欲不振を伴う

治療

子どもの頭痛の治療は、お子さんの年齢や頭痛の症状等に合せてお薬を処方いたします。
また、痛みを誘発させる原因がある場合、例えば、ストレス、不規則な生活習慣、睡眠不足、テレビやパソコンなどに⻑時間向かう、精神的な緊張など、取り除くための対策を一緒に考えます。

気になる症状がある方へ

頭痛は自覚的な症状ですので、お子さん本人からの訴えなしで頭痛を診断することは困難です。特に子どもは自分の症状をうまく表現できず、頭痛を正確に判断するのが難しいです。
ただ、頭痛は適切に対処しないと、お子さんの勉強に対する意欲の低下や不登校にもつながりかねません。お子さんが頭痛を訴えた場合は、その様子をよく観察し、頭痛が頻繁に起こったり、⻑引くようなら当院までご相談ください。